い、痛い!!!
あの日八戸駅に降り立った私の口の中に、ジワっと痛みが走りました。何故なのか。

寒いからだ!!

すんごく寒い日に口を開くと、大気で知覚過敏が滲みるのよ!!肌感覚で分析しますと、2度を下回ると滲みる!

そんな痛みを感じるほど寒い3月のある日、歯の痛みとは裏腹に、私の心は浮き足立っておりました。何故なのか。

TOHOKU EMOTIONに乗るからだ!!

TOHOKU EMOTIONとは、JR東日本が誇る観光列車のひとつ。三陸の海沿いの八戸線(八戸駅〜久慈駅間)をレストラン列車なのです!いやー、関東に住む者としては、なかなか遠い場所でもあり、かつ人気の電車とあって、予約取りづらいのですが、友達が頑張ってくれました!!!

前日は氣志團GIGのため、岩手県は北上に宿泊。そのまま翌朝に少し北上し、八戸・久慈感を往復でエモエモしちゃうという作戦なのです!!

と、いうわけで、どんなにパッションほとばしる電車だったのか、ゴリゴリに記録しようと思います!!


TOHOKU EMOTION エモその1.外観がとっっても素敵!

ご覧ください、この上品な佇まい。「走るレストラン」をイメージした外観は、白いレンガを積み重ねた瀟洒な一軒家レストランのよう。
IMG_2368
IMG_2367
寒すぎるホームなのにとっても暖かいお出迎えがあり、否応無くワクワク感が高まります。まだ乗ってもいないのに、興奮がひどい!!
IMG_3044


TOHOKU EMOTION エモその2. 乗り込む瞬間の演出!

最初に乗り込みますのは、2両目のライブキッチン!めっちゃ寒い駅のホームから一歩電車に乗り込むんだ瞬間に、いきなり馥郁たるキッチンからの香りに包まれるという寸法ですよ!!「とんでもなくスペシャルな空間に来た…!」となり、脳の底から期待に打ち震える私たち…!!

そして視界に飛び込んでくるのはこの光景!
IMG_3043

なにコレ!なにコレ!!kawaii!!これ、もうすぐ、食べていいやつ…!!!と、動悸息切れ脳内の叫びが止まりません!

TOHOKU EMOTION エモその3. 席がエモい!

そんな期待に満ち満ちまくりの私たちの席はこちら。
1号車の個室!!
FullSizeRender
ああああテンションMAXですよ幸せって個室の形してた!!

この個室、随所にいろんな工夫がされていて、モノの機能が好きな私はもう、鼻息が闘牛よりも荒くなります。

入り口付近には、クローゼットが。冬場の思いコートもしっかりしまうことができます。そしてテーブルの引き出しにはカトラリーセットとおしぼりが!!揺れる車内、食事前にいろんな種類のカトラリーをテーブル上に置いておくと落ちてしまう可能性がありますが、ここからコース料理のたびに使うものだけ出して使えば安心安全!!可愛いテーブルクロスは滑りにくい素材。上にお皿を置いても安心して頂くことができます。IMG_3113
IMG_3114
あああ、いい!いいわ〜!!工夫に次ぐ工夫、機能美に次ぐ機能美、たまらん!!

ちなみにオープンダイニングの3号車はこんな雰囲気。開放的なこちらもかーなーりー素敵な作り…!!
IMG_3039

個室も良いけど、こちらの車輌にも乗ってみたいし、でもまた個室が良いし…ああああ

TOHOKU EMOTION エモその4.メニューが全部、想像を超えてくる…!


内装に興奮しているうちに、ウェルカムドリンクが運ばれてきました。おしゃれ!おしゃれですよ!!シュワシュワですよ!!!このシュワシュワ、昼から安心安全に頂けるノンアルコールのシードルなのです。下戸の私、狂喜乱舞。
IMG_3042

そして、いよいよランチコースがスタートでございます。突然ですが、私が最も料理を頂く時、もっとも興奮する瞬間というのは、「サプライズ」が起きる時なんです。

メニューを見ても、「えー!どんなのお料理が!?」と期待感でワクワクが止まらないラインナップ!!

アミューズは【鯛の最中】。
IMG_2530

先程のライブキッチンで着々と準備されていた可愛すぎる一皿は、このモナカだったのです。

続きましてこちら。

スライドする蓋の奥から出てきたのは……【前菜のアソート】!
IMG_2377

ねえ、全部が美しく、全部が繊細で、全部が予想以上に美味しいの!!

続きまして、わっぱの中に入っているのは【きのこのボルドレーズご飯】。
IMG_2386
IMG_2388

そしてメインは【岩手牛肉パイ包み】。私だけですか?お肉が何かに包まれていると、とんでもなくご馳走感が増すと感じるのは!!パイとか、岩塩とか、とにかく包まれてる肉は私の心を幸せで包むの!!
IMG_3178


そしてデザートはこちら!!
IMG_2395
「あれ?もしかして、竜宮城が持たせてくれる玉手箱なのかな?」と思わずにはいられない、美しい箱の中に忍んでいるデザート、その名も【石/木/砂/貝】!!!
IMG_2392

た、たしかに、石と木と砂と貝じゃん!!こんな見た目なのに、本当に素晴らしい味。特に「石」とか、パット見で「きっとチョコなんだろうな」と思って食べたら、フルーティーさに溢れた石で、「やられたー!想像力で完敗です〜!!」ってなったのでした。

TOHOKU EMOTION エモその5.お料理以外も感動しかない!!


皆さん、お忘れかもしれませんが、ここ、電車の中なんですよ…!こんな凄いお料理が出てくるだけでもサプライズなのに……

窓の外にはこんな風景が!!!
IMG_3181

八戸で有名な観光名所、蕪島を眺めたりもできます。
IMG_3232


こんな三陸沖の美しい海を眺めながら頂く、サプライズに満ちた料理の数々。至福以外のなにものでもありません!!


さらにですね……

地元の方が、こんなに歓迎してくれるんです!!
IMG_3040
IMG_3037
めちゃくちゃ寒い日だったのに、風の強い浜辺で電車を待ってくれて、見えなくなるまでずーーっと大漁旗を振って下さるんです。めっちゃ嬉しい…!車掌さんも、大漁旗が見えなくなるまでずーっと手を振っていて、暖かさしかない電車なのでした。
IMG_3038

ちなみに、久地駅到着時も大漁旗での歓迎をして頂きました!
IMG_3234




TOHOKU EMOTION エモその6.復路にはデザートブッフェも!

このTOHOKU EMOTIONは、八戸〜久慈間を1日1往復しているのですが、行きはランチコース。帰りはカフェ電車になるのです。

久慈駅でも、暖かいお見送りが!
IMG_2467


乗り込むや否や、甘い香りに包まれる最高の演出再び。
IMG_2468

キッチンで準備されていたのは、オリジナルデザインのチョコがあしらわれたスイーツでした!
IMG_2475

ゆっくりお茶とスイーツを楽しんでからは、追いスイーツの時間です!!そう。このTOHOKU EMOTIONでは、デザートブッフェを楽しむこともできるんです!!
IMG_3231

IMG_3032

こ、こんな電車がこの世にあるなんて…!!

あんなにランチコース食べたというのに、自然と全種類を取ってしまう、これが女って生き物でしょ?甘いものだけでなく、しょっぱいものも出して下さいますのでエンドレスで食べれちゃいます。
IMG_3229


デザートブッフェだけでなく、こんな可愛いお土産まで!!
IMG_3031

いろんな観光列車では車内でオリジナルグッズを販売しているのですが、このTOHOKU EMOTIONにはそういうグッズがないのです。しかし、代わりにこんな粋なプレゼントを頂けるなんて、心のしっぽが千切れんばかりにブンブン振れちゃいます!!嬉しすぎ!!

いやもう、掛け値無しにめちゃくちゃ嬉しすぎた!!本当に幸せすぎるエモエモな時間を過ごすことができました。

憧れまくっていたTOHOKU EMOTIONは、乗ってさらに憧れ募る、素晴らしい観光列車でした!!一日一往復ということで、席数も限られてはいますが、是非とも東北にお越しの際は乗ってみて下さい!!めっちゃ幸せ電車ですよ!?