倍率ヤバイ、何年もトライしてるのに当たらないなど、なかなか高そうなハードルと噂には聞いていたリニアの試乗会に・・・・・・

1回目の応募で当選したよ〜!!!!

というわけで、3月に行ってきたんですけど、結論から言うと最高でした…!そんな最高な1日を振り返ってみようと思います!

申し込みから試乗会参加確定決定まで

まずは、リニア試乗会参加確定までの流れを軽く振り返ってみます。

1月初旬:WEBで申し込み
※第三希望まで選べるのですが、今回は諸事情で第一希望のみで申し込み

2月21日:当選メール

2月21日:入金(2区画で8,640円でした)・参加確定メール

3月:自宅にはがきが来る
IMG_4796
IMG_4795

このハガキと本人確認書類を持って現地に!!


どうせなら、往路の電車もこだわるよ!!

せっかくなら、乗りたかった電車で気分をアゲ♂アゲ♂にしよう!ってことで、往路は新型あずさに乗車。
IMG_4771

異様に混雑している河口湖まで足を伸ばし、富士大石ハナテラスという新しめのスポットで富士山を眺めながらパフェなどを嗜み…
IMG_3320

IMG_4772

フジサン特急で大月へ。
IMG_4773

いよいよ試乗会会場、【山梨県立リニア見学センター】へ向かいます!!


リニアを学んで心身脳を整えるべし

まずは試乗会会場に隣接した施設、リニア館へ。
IMG_4778

ここでは、リニアの開発の歴史や仕組みを勉強することができます。実寸台で中に入れちゃう模型も展示されてて、ここだけでかなり楽しい!

IMG_4792

しかもここリニア館では、リニアの速すぎる走りっぷりを、テラスでガッツリ見ることができるんです。

速っ!!!!

音速ってこういうことか…(違います)

仕組みを学び、音速(違う)を目の当たりにして万全の準備で、いよいよその時が近づいてまいりました…!!

いよいよリニアに乗車…!いや、搭乗!!

IMG_4793

いよいよ試乗会の会場へ…!!

入り口では顔ハメもあり、係りの方が「はい、リニア!」の掛け声で撮影してくれます!!

IMG_4780

お土産物施設のとなりにコインロッカーがあるので、大きな荷物はそこに預け、サコッシュのみで参戦。空港さながらのセキュリティ・チェックを受けます。
IMG_4800

「きっぷ」でも「乗車券」でもなく、リニアのチケットは「搭乗券」。浮くから!?

搭乗券の確認の後には、リニアによって東京↔︎名古屋が45分になることなどの説明VTRなどをみんなで拝見。
IMG_4782

各座席には、リニアの説明パンフレットやちょっとした文具などが入った袋が置かれていて、そんなちょっとしたアイテムが全部レアな気がしてテンションも高まり魂が荒ぶります。
IMG_5076


そして、いよいよ搭乗です。


新幹線+飛行機!?リニアの中はこんなでした!

飛行機の雰囲気の搭乗口へ。
IMG_4784

うやうやしくお迎えしてくれるのも飛行機っぽく、自分がいるのがホームだという実感は皆無のまま、いざ、車内へ!
IMG_4783

飛行機かもしれない、と思って乗ったらば…

新幹線でした!!
IMG_4785

でも、窓の感じはやモニターは飛行機っぽさ溢れてます。座席の狭さも飛行機的。
IMG_4789

シートベルトは無く、シートの後ろはよく見慣れた新幹線。
IMG_4801

見える。ここのテーブルで、「超電導リニア弁当」という駅弁食べてる未来の自分が見える…!!でも、急ぎめで食べないとあっという間に着いちゃう!!

などと、具体的に妄想しているうちに、いよいよ未知のスピードの世界に出発の時がやってきました!!


行ったぜ、スピードの向こう側に

試乗会のルートはこんな感じ。

FullSizeRender

42.8キロの区間を行ったり来たりします。前に進む時もあれば、後ろに進む時もあるってことで、乗り物酔いする人は薬飲んでからの方が良いやもしれませぬ。

さて、いよいよ出発!!!

っつっても、ほとんどがトンネルの中を進むので真っ暗…!!しかし、とんでもないスピードで進んでいることは分かります。

150キロを超えたらですね……

浮いたー!!!


それまで車輪で走行していたものが、電動のアレコレでN極とS極をアレコレすることで、浮く!その瞬間が、とってもよく分かるんです!!

うはぁ!!浮いた!浮いたよお母さん!!ワシ、浮いてる!!

で、あっという間に夢の500キロへ!!
FullSizeRender

あと、意外と興奮したのがカーブを曲がる時!
FullSizeRender

曲線区間は、猛スピードのまま、車体を10度傾けて進むんですが、その微妙な傾き、たしかに感じることができました!!
FullSizeRender

こ、こんなスピードで、東海道新幹線と同じくらいの本数走らせるらしいですよ!?ナゴヤドームがめちゃくちゃ近所になっちゃう!!
IMG_5118


痒いところに手が届きすぎ!ちゃんと車体もじっくり見れます!

ここまで、何かが足りないと思いませんか?

そう。リニアの車体を全然見れてないのです!!

ホームから乗り込む形ではないため、リニアの車体は、ここまで写真や模型やレプリカ、秒で過ぎ去る本体しか見れていないのです。

しかし、JR東海さんたら、「あれ…?見れないまま…?」というマニアたちの不安を、試乗終わりにモニターで優しく拭い去ってくれます。
FullSizeRender

そうやって誘導された先には、撮影スペースが!!
IMG_5128
ちゃんと撮りやすいように、リニアの先端に対して斜めに飛び出す構造の撮影スペース!ここにも「はい、リニア!」と掛け声かけて撮ってくれる優しいスタッフさんも多数。

そしてこれが、先ほどまで乗っていたリニア!!
IMG_5132
なんて面長イケメンなの!?カモノハシにも見えてきた。

特に急かされることもなく、心ゆくまで撮影させて頂き、出口へ。
IMG_5126

こちらこそ、ありがとうございます!!

隣の高台からは、先程走ったトンネルの入り口を眺めることができ、余韻に浸ることもできます。
IMG_5134
さらに、お土産物が売っている「わくわく
 やまなし館」でリニアグッズや山梨のお土産をゲット!
IMG_5133

最後にさらなる撮影スポットまであり、微に入り細に入り楽しめるように作られた最高の施設だったのでした。
IMG_5117

いやー、夢のリニア試乗会。実用化されたらめっちゃくちゃ乗りたい気持ちが増したー!!品川から40分で名古屋…!!!駅弁の早食いを練習しながら、2027年の開業予定を待ちたいと思います。

なお、大阪までは2045年開業予定…26年後か。生きてるたぶん生きてる!!