令和になったタイミングで、友達から突然LINEが来たんです。
「天皇陛下のファンミーティング行きたい」と。

1人で行くのはなかなか混雑的にハードだろうと思ってたんですが、友達となら是非行ってみたい!!

ということで、4人で行ってきたんですが、ぜひまた行きたい尊いイベントでした!!次回のためにも、傾向と対策をまとめておきます!!


1.事前準備

ライブやフェスに何度も行くガチ勢揃いのため、事前にいろいろ調べてみると、どうやら並び始めてから4時間くらいでメインステージのある会場に辿り着けるらしく、なかなかの挑み甲斐のあるイベントの模様。

始発で行くのも躊躇わない友達しかいないのですが、宮内庁から事前に発表されたタイテはこんな感じ。
FullSizeRender
せっかくなので、「絶対に眞子さま&佳子さまを見たい!」となり、ターゲットを第4回の13時の回にし、逆算で9時に待ち合わせをすることにしました。

過去のツイートなどを検索し、「手ぶらで行く方が絶対に早い」という情報をゲット。必要なものをポケットに突っ込み、全員手ぶらで参戦することを打ち合わせしておきました。

私が持って行ったのはコレら。
IMG_4811
小さいサイフ、手ぬぐい、一眼レフカメラ、小さいペットボトル、非常食2本、モバイルバッテリー。他に熱中症対策で塩飴。ペットボトルは持ち込み禁止の時もあるようですが、最高気温が25度ということで、絶対持ち込めると睨んで持って行き、実際ノーチェックでした。


2.9時20分 整列開始

ミッドタウン日比谷に9時集合。二重橋正門から参入できるということですが、東京駅側からだと混雑してそうなので、の桜田門から敷地内に入ろうという作戦でした。
FullSizeRender
しかし、通りがかりのお巡りさんに「,らじゃないと入れない」と言われ、,稜肋貔萍腓泙撚鵑襪海箸法(後に実はからも入れたことが発覚しました。)

,吠造啝呂瓩燭里9時20分。正確には,砲眞り着けず、スタート地点はこのハートの付近です。
IMG_5067

また、敷地に辿り着く前のこのタイミングで、御即位奉祝委員会というガチ勢が日の丸を配っています。

この時点で、かーなーりー暑い!日差しがやない!早くも倒れちゃう人も現れるなど、周りの人々にとってはなかなかハードな様相を呈してきました。(私達は慣れているのでまだまだ余裕)


3.10時 セキュリティ(馬場正門)に到着

皇居敷地外に並ぶことおよそ50分。10時過ぎにセキュリティのある馬場正門に到達!ここで、事前のリサーチが活かされました。
セキュリティで、手荷物検査を受ける人たちと手ぶらの人たちに分けられるのです。手ぶらの人たちは、身体検査に直行。手荷物検査の人が圧倒的に多いので、ここでかなりの差が出ると思われます。
IMG_4974
写真は、帰りに見た△棒瀉屬気譴真搬慮〆詐譟身体検査と言っても、金属探知機で軽くチェックを受けるのみ。ドリンクもまったくノーチェックでした。不安なほどあっさり通過。

ここから、12レーンに分かれてしばらく待ちます。正確には、 銑の入り口3箇所にそれぞれ12レーンあるので36レーン。
IMG_4834
写真は遠目に見た,離譟璽鵑任后

私たちは第7レーン。直射日光がなかなかキツく、ここでも具合悪くなってしまう方が。手ぶらを推奨しますが、折りたたみ椅子を持ってきて座っている人もいました。なお、足元は砂利なので、スニーカーじゃないとけっこうキツイと思われます。30分ほど待ち、いよいよ前方に移動!

ここから、割とすり足で徐々に奇妙に正門石橋へ進みます。右手に二重橋や伏見櫓も見えるので、「キター!!」という感じにテンション高まります!
IMG_4849

そして、ついに、正門石橋を通過!
IMG_4851
この門をくぐったら、しばらくまた人を溜めて少しずつ動かすのかな〜って思っていたら……

あっという間に二重橋を超え、江戸城西の丸玄関門に到達!!
IMG_4867
写真では何となく、フェスっぽくリスバンチェック風に門を潜ってみただけです。この門をくぐれば…

テレビで見たことある風景が!!!
IMG_4869
ついに、皇居宮殿 長和殿に到着です!!!!


4.11時 長和殿到着・遠目にお出まし拝見

長和殿に到着したのは11時少し前。13時の回を狙っていたのに、まさかの2つ前の会が見れるなんて!!!

1番後ろが出口まで歩ける通路になっているのですが、そこを通ってメインステージに向かってほぼドセンに到着したタイミングで、皇室の皆さまのお出ましです!!!
IMG_4896
最後列からも意外と見えてるようですが、これは170センチの私が腕を伸ばして撮っているので、実質2メートル越えの位置から撮影してのこれ。肉眼ではほぼ見えていません。

IMG_4945
でもこれ、この風景!これもテレビで見たことあるやつ!!

だいたい5分から10分くらいで11時のお目見えは終了。人々は一斉に、ステージの下手から出口のある上手に向かって動き出します。

ここで、フェスのアーティストの入れ替えと同じ要領で、センター最前ブロックまでゆっくり歩いて移動。前に行けるだけ行き、だいたいこれくらいまで詰めることができました!!
IMG_4949
これでポジション取りはバッチリ!!あとは再び炎天下の中、50分くらい待つだけです。


12時 お出ましを間近で拝見

12時まで、これまた暑い中を待ちましたが、かなりの方がタンカや車椅子で運ばれて行きました。私も120mlの極小ペットボトルしか持っていなかったので、「炭酸飲み干したい」という気持ちに。塩飴は有能すぎるアイテムでした!

そして正午少し前……

皇族方が再びお出ましに!!
IMG_4955

ち…近いっ!

FullSizeRender
陛下の目線を頂いたのでは!?

ニュース映像ではあまり見ることのできない、談笑される様子が見れるのも一般参賀の醍醐味なんでしょうか。見ていてとても幸せな気持ちに!!
IMG_5034
秋篠宮さまを見た友人は、「イケメン…!」と絶句。分かる。
IMG_5035
紀子さまは、52歳で3児の母にまるで見えぬお美しさ…!!
IMG_5033
眞子さまと佳子さまも、お母さまと仲良く談笑されていて、なんだか尊さが止まりません。
IMG_5025
佳子さまからも、目線を頂戴しました!!
IMG_5030

女性皇族の皆さん、鮮やかな装いが美しすぎます…!所作全てが麗しい…こ、これが皇族の皆様…!!!
IMG_5063
特に、高円宮承子さまのあまりの美しさとオシャレさに度肝を抜いて置いてきました、長和殿に。
FullSizeRender

というわけで、僅か3時間ほどで、こんなにも至近距離で拝見できるなんて、天皇陛下ファンミーティング【一般参賀】はマジで神イベだなと思ったのでした。新年の一般参賀も天皇誕生日も、なるべくここからは全通したい…!!と、すっかり尊さに夢中になったのでした。


6.退場・物販

12時の回のお出ましを拝見してから、上手側に進みます。長和殿から下る坂道からは、こんな新旧混ざりまくったシュールな光景が。
IMG_4961
坂道を降りると宮内庁があります。センチュリーがたくさん停まっていました。
IMG_4967

そして宮内庁前には迷子センターや水飲み場、トイレもあり、混んではいますがいろいろ完備されているところも神イベ!

混雑はしているものの、坂下門から出ます。単純に出るだけなら、ぐるっと回って出るルートもありましたが、今回は物販も狙いたい!ということで、物販会場に一番近い坂下門を選択。
IMG_4969
なお、ここにはクロークや拾得物置き場もあり、拾得物は全部丁寧にジップロックで包まれているという丁寧なお仕事も!

物販会場に到着したのはなんだかんだで13時くらい。意外と空いてはいましたが、ボールペンなど、その時点ですでに完売している商品もありました。私は牛革のお財布とラスト1本のボールペンを購入!


物販購入完了までの時間を考えると、ここまでで大体4時間!皇居の敷地内に入ったのが初めてということもあり、少しも退屈な時間が無いほど、最高に楽しいイベントでした。1月の新年の一般参賀、2月のr天皇誕生日の一般参賀は寒いのでまた勝手は違うように思えますが、ぜひともまた参戦したいと思います!!

最後に、箇条書きで攻略法をまとめておきます!!

【天皇陛下ファンミーティング 攻略まとめ】
  • 手ぶらで行くべし
  • 帽子はマストアイテム(冬でもきっと、天気によっては日焼けします)
  • 前日の夜、0時前に整理券が配布されたらしい
  • 「前泊列」「早朝列」というレーンが作られたらしいので、早く行くと優遇はされるらしい。(でも、宿泊は禁止されています)
  • 始発で行くより、9時くらいの方が冬は寒くなさそうなので、むしろ9時くらいの方がまあまあスムーズに見えるのでは!?(あくまで推測です)
  • 長和殿では、入ってすぐの下手で止まらず、とりあえず最後尾の通路を通り、センターを目指すべし 
  • 長和殿の敷地に入ってから1回目のお出ましは後ろの方から見るべし
  • 1回目が終わったタイミングで、上手には向かわずにセンターブロック最前を目指すべし
  • 皇室の皆さまがいらっしゃる前にマイクの位置などでピント確認すべし
  • 水分持ち込みは、今回はOKだったけど、NGの年もあるらしいので、捨てることを覚悟しつつ持っていくべし。夏日の時にはNGではないのでちゃんと持っていくべし。
  • クロークあり。大きな荷物は預けるべし
  • 物販会場は、皇居の敷地外なので物販のみ狙いの人も購入可能
  • 「楠公レストハウス」というショップでも普段から売っている模様