もう、何回見ても本当に素晴らしい宙組のアナスタシア。
cpl73a000008h954

何名か、宝塚初めてのお友達にも見てもらったんですけど、そしたらあまりのクオリティの高さに、かなりの高確率でズボンっと沼に堕ちてこられましてね?

ディミトリ、アーニャ、ヴラドの3人とか、リリーとか、私のグレブに堕ちるっていうケースがどうしても多いと思うのですが、友が「記者たちがたくさん出ているシーンで青いスーツ着てた人がかっこよかった」って言うので確認したところ、星月梨旺さんだったのです。

それで、星月さんの登場シーンを、パンフレットと雑誌「ル・サンク」で確認しまくって、改めて観に行ったら、これまで見ていたつもりだった同じ舞台がもっともっと面白くなっちゃったんです!


舞踏会の伯爵たち

例えば冒頭の1917年の応急での舞踏会のシーン。「貴族男」として、若かりし日のグレゴリー伯爵(星月梨旺さん)とレオポルド伯爵(松風輝さん)がいるじゃないですか!王族に夢中で全然気づいてなかった……!

あんな華やかなダンスシーンで、レオポルド伯爵ってば、ダンス断られたりして、はやくもモテなくてちょっと不貞腐れた感じになってて、「えー!細かい!細かくて最高や…」と鳥肌立ちました。

ネフスキー大通りの商売人たち

ネフスキー大通りのシーンでは、星月さんが野菜を売る屋台を出していて、すごく色んなものを盗まれてた…先日見た時はニンニク盗まれてたし、今日はパンを勝手に食べられた上にリンゴも盗まれた!SECOMさんなんとかしてあげて!!

他にも、ディミトリたちに財布すられた人は、空っぽの財布を拾って「な、ないー!!」「見て、これ、中身なくなっちゃったんだよどうしよう…」って落ち込んでるし、みんなの細かい人物設定全部教えて頂けないでしょうか!?


みんな大好き列車のシーン

で、ロシアを脱出する列車に乗り込む前のシーンでは、めっちゃ気になる人間関係が…!

星月さん、上手で歌っているんですけど、故郷に分かれを告げるすごく悲しい歌を女性と寄り添って歌っているんです。で、ゆっくり振り返って列車に向かうんですけど、あ、あれ?一緒に歌っていた女性じゃない女性の腰に手を…?さらに、一緒に歌っていた女性に自分の荷物を持たせ、腰に手を回した女性と一緒に列車に乗り込んだ…!一体どういう関係性なの!?超絶気になるぅ!!


バレエの劇場シーン

2幕のネヴァクラブでは、レオポルド伯爵またモテなくて、一緒にいてくれる女性がいなくてオロオロしているところをギャルソンヌに慰めてもらって腕くんで消えていったの可愛かったし、バレエの劇場に貴族たちが到着したシーンでは、銀橋ですれ違う貴族に「うっ…くっさ!!」ってやられてて、ほんとレオポルド伯爵かわいそかわいい!!

グレゴリー伯爵とヴラドは、バレエ見てる時に途中、ちょっと飽きてませんか?でも、ロットバルトが入ってきてから急に生き生きして最後は大満足の模様。

などなど、細かいところが気になって気になって気になってしかたないんですけど!


そこでイーロン・マスクにお願いです。

でも、こういう細かい所ってなかなか円盤にも残せないじゃないですかぁ!
なんとかこう、ハイテクノロジーを駆使して、引きの映像が流れてて、「ここ!」って思った好きなとこを拡大して見れる機能みたいなの、つけてくれませんかね?お願いイーロン・マスク!!