ねえ、これやばくないですか!?!?




のどかな風景の中に突如、巨大なリーゼントが登場!!!

IMG_5117


これは、香川県小豆島にある瀬戸内国際芸術祭で作られた現代アート、「オリーブのリーゼント」です!!

  IMG_5116


オリーブ畑の中にドーンと設置された見事に輝くリーゼント。
真っ白なのに、少しも汚れてなくて、「こいつ、愛されてやがるな…!」というオーラがバリバリ出ているこのリーゼント。絶対にキレイにお掃除しないとこの白さは維持できない!


IMG_5112

正面から見ると、意外と細い。

このオリーブのリーゼント、氣志團の大きい方のギタリスト、西園寺瞳さんに似てませんか!?
8132144d


20年くらい氣志團ファンなもんで、私は勝手に「トミー!トミーだ!!」と大興奮して写真を撮りまくっていたんですけどね、いつの間にか……

こうなりました!!
IMG_5147のコピー

IMG_5149


実はですね、友とキャッキャしながらリーゼントに大興奮していたらですね…
「あの〜」と隣家からご婦人が出ていらっしゃったのです。

やばい、興奮しすぎてうるさかったかな、とか、ご時世的なあれこれとかでいろいろドキドキしていたらですね?








「良かったら、リーゼントのカツラがあるので、かぶって写真を撮りませんか?」

ってご提案頂いたんですよ!!
こちとら無類のリーゼント好きですよ!?そんなん、かぶるに決まってるじゃないですか!


なんでも、このアートを気に入った代官山の美容師さんが作ったカツラなんだそうです。熱いぜ…!

熱いといえば、このオリーブのリーゼントのここ。

IMG_5118

お供えものしてあるっ…!!

四国のお遍路さん。四国全体に88箇所ある霊場をめぐるお遍路さんですが、小豆島の中にも独自の霊場が88箇所あり、そこを回るお遍路さんもいらっしゃるのだそうです。

四国では、霊場めぐりをしている人に「お接待」をするという文化があり、お遍路さんに食べ物や飲み物をふるまったり、無料で宿や休憩所を提供したりする風習があり、小豆島版の霊場巡りでもお接待文化があるのだとか。

それを聞いたアーティストの方が、お接待の果物などを入れれるように、さらに無人販売所としても使えるようにとこのくぼみを作ったんだそうです。古くからの文化と現代アートの融合、熱いぜ…!

さらに、リーゼントのカツラを貸してくださった岩井さんのお宅では、こんな素敵なお土産もゲットできるんです!!
IMG_5697


さらに、うちわまで配布している…!
IMG_5158


もう、ここはリーゼントの聖地と言っても過言ではありません!!

っていうか、今チョコ見て気づいたんですけど、このオリーブのリーゼントを英訳すると「REGENT IN OLIVES」なんだ……確かにオリーブ畑にはありますが、リーゼントかぶったオリーブの実だと思ってたから、「REGENT ON OLIVES」かとばかり……ま、まあ、英語でこれを紹介する機会はあんまりないんですけども…!!

なお、このリーゼントの聖地は、醤油の名産地・醤の郷の近くにありまして、大気中に醤油の香りが漂うすごく雰囲気あふれる場所ですので、そういう意味でもオススメです!
醤油ソフトクリームも食べれまっせ!!
IMG_5175